審美歯科治療で頻繁に利用されるセラミックの特徴

バナー

審美歯科治療で頻繁に利用されるセラミックの特徴

見た目の美しさを重視した審美歯科治療では、一般的な歯科治療では使われることが少ない特殊な素材が使用されるケースが多く見られます。

この中でも、天然歯と同等の美しい見た目を再現できる事から、セラミックが多く利用される事が特徴です。



一例としては、審美歯科の治療では、歯の被せ物の材料を歯科用の樹脂ではなく、セラミックで作製し、見た目の美しさを再現する事が多くあります。

また、この審美性に優れた素材の特性として、適度な耐久性を維持でき、汚れが付着しにくいという面があり、メンテナンスの面でも優れた性質を持つものです。



一般的な歯の治療では、被せ物の一部に金属を用いるケースも見受けられますが、これは歯茎と金属の間に黒ずみを発生させてしまう要因とされ、口を開けた際の審美性に大きく影響を及ぼします。この金属が原因となる見た目の不具合を回避するためにも、セラミックという素材は有効で、歯の被せ物と歯茎の間のスペースも血色の良いピンク色に保ち、継続的に美しい口腔内の状態を維持する事が出来る素材です。
更に、審美歯科の治療では、虫歯の治療で用いられる詰め物にもセラミックを多く活用しており、審美性の向上に役立てています。虫歯の治療でも金属を使用した詰め物の場合は、口を大きく開けたときに金属製の詰め物が目立ってしまいます。



しかし、天然歯と同等の色調を持つセラミックならば、この見た目の問題も解消できる為に、審美歯科治療では詰め物にもセラミックが採用される事が一般的です。