歯科治療の不安を解消するためのセカンドオピニオン

バナー

歯科治療の不安を解消するためのセカンドオピニオン

医者だからといっても常に病名を正しく当て、適切な治療法を提示できるわけではありません。


むしろ、医者でも間違うことは少なくないという事実は、診察を受ける側としては心に留めておくべきです。

特に歯科の世界においては、医者によって選択する治療方針の差が大きいと言われています。そのため最近では、セカンドオピニオンという言葉が注目を集めるようになりました。セカンドオピニオンとは担当医以外の専門家にも意見を求めることであり、複数の人間の意見が合致することで患者は安心して治療を受けられるというわけです。

もし意見が違えば、3番目の専門家に意見を求めることもできます。そしてその中で、もっとも納得できる治療法を患者自身が選択するのです。



セカンドオピニオンを行うにはまず、担当医に検査データーをもらい、紹介状を書いてもらわなければなりません。
そうしないと他の医者も適切な意見を述べることはできず、結局、もう一度検査をしなくてはならなくなります。
今までであれば、担当医を疑っているのが後ろめたくて紹介状を書いてくれとは言いだせないケースが多かったですが、最近では、他の医師の意見を求めるという考え方も歯科の世界ではかなり普及していっており、抵抗は少ないはずです。

ただ、どの歯科医院でもセカンドオピニオンを行っているのとは限らないので事前の確認が必要であり、場合によっては担当医自身がそれにふさわしい医師を紹介してくれる場合もあります。

ただ、セカンドオピニオンはあくまでも相談であり、医療行為ではないので健康保険は適用されません。



そのため、1時間で1万円から2万円という決して安くない値段になってしまうのが難点です。