歯医者で使われるマイクロスコープ

バナー

歯医者で使われるマイクロスコープ

マイクロスコープとは、英語で顕微鏡のことを言います。


最近の歯医者の中には、治療用のマイクロスコープを導入しているところが増えています。


肉眼より3~20倍も拡大した状態で見ることができるので、より精密な治療につながります。

歯医者の治療は、狭い口の中で行われています。


直接目で見るには限界がありますが、マイクロスコープを使うことで、正確な診断が可能になり、より患者さんの状態に合った治療を選択できるようになりました。

例えば、虫歯になった部位だけを取り除き、健康な部分を残すことができますし、銀歯などの詰め物をする際にも、隙間なくきれいに詰めることができます。

今まで、歯医者の長年の経験や勘に頼っていた治療を、より高度なものにすることが可能になりました。治療中の様子を動画で録画できる機械もあり、患者さん自身が自分の目でどのような治療をしたかを確認できる手段にもなります。
なかなか自分の口の中は見えにくいものですが、拡大してモニターで見ることができるので、テレビを見る感覚で治療の様子を確認できます。

渋谷の内科に関する情報を紹介するサイトです。

マイクロスコープは、脳神経外科や眼科、耳鼻科などから医療の分野に進出してきました。機械そのものが高価なため、どこの歯医者にも置いてあるわけではなく、全体の2~3%ほどしか導入している所はありません。



しかし、治療への有効性から導入している歯医者は増えており、患者さんにとってもマイクロスコープが身近な存在になってきています。